MS-09 ドム 組立て説明図

《C3マーケット2018にて「GAZERO arrange GUNDAM」MS-09 DOMをお買上げいただお客様へ》

このたびはお買上げいただき誠にありがとうございます。 完成形がイメージしやすいようにできるだけパーツ数を少なくしました。手間はかかると思いますが、制作を楽しんでもらえると嬉しいです。

[スタジオガゼロ]

  • 本製品は手流し複製のレジンキットです。制作には離型剤を落す下処理、不要な箇所や合せ目の整形などの表面処理が必要になります。
  • 本製品は素材の特性上、気泡が発生しています。予めご了承ください。
  • パーツの位置合わせには軸穴加工が必要です。
  • 組立てには接着剤が必要となります。
  • パーツ不足がありましたら、購入から1ヶ月以内に記載メールアドレスまでご連絡下さい。
G-G MS-09 ドムのパーツリストです。 作業を始める前に不足がないか確認して下さい。

各パーツを取付ける「軸」位置の説明です。

複製後に見えにくくなった箇所もあるので画像を参考に位置を確認・印を付けてから加工して下さい。軸の素材やサイズの指定は無いので使い慣れた素材をお使い下さい。(参考:画像の軸は1mm丸プラ棒を使用しています。)

本体 軸を付けた状態です。

腕と肩カバーがセットになります。カバー裏に「R」「L」、ジャイアントバズーカ専用腕は「’R」の刻印があるのでご確認下さい。*見にくくなっている場合もあります。

足・バーニアパーツにも「R」「L」の刻印があるのでご確認下さい。

ジャイアントバズーカと専用腕の説明です。軸加工前に腕+肩カバー+バズーカを組んで位置を確認確認して下さい。

ジャイアントバズーカ先端パーツ加工の有無はお選び下さい。

サーベル部パーツについて。脱着可能な作りですが、サーベルラックが小さいので加工時は紛失や破損にご注意下さい。

個人的感想ですが、サーベルラックは①接続軸 ②サーベル用穴 の順に加工した方が楽だと感じました。